So-net無料ブログ作成
ローソンネットショッピング【PC・携帯共通】
コミック ブログトップ
前の10件 | -

武装戦線の歴史を見る。 [コミック]

100311 武装戦線クロニクル01.JPG

クローズ&WORSTキャラクターブック武装戦線クロニクル (少年チャンピオンコミックス)


ついに武装戦線の歴史を振り返る一冊が販売されてました。

初代から7代目武装戦線がいかにして「魂」を繋げていったのか。

また、チームの結成から数々の事件がありながら、いかにして「仲間」を守り通したか。

確認する上では欠かせない一冊ではないかと思います。

また、コミックの最後のページには七代目武装戦線のシルバーステッカーが付いています。

続きを読む


タグ:武装戦線
nice!(2)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Webで立ち読み「僕等がいた」 [コミック]

最近こうした立ち読みのできるWebサイトが多くなってますね。

一番利用しているのはebook japanさんです。
時々1巻丸ごと無料企画があるのがいいですね!

しかし今回は小学館のソク読みshogakukanを観てみました。

こういったサイトは普段読むことのないタイプの漫画や気になる漫画など
絶対に本屋さんではお金を払ってまで・・・とためらいがちな漫画を一部だけとは言え
無料で見ることができるメリットがあるんですね。
また時には1巻丸ごと読めたりすることがあります。

人によっては続きが読みたいのに売ってない!
でも観たいと言うときには重宝するものです。

さて、今回読んだのは小畑友紀さんの「僕等がいた」

僕等がいた 1 (フラワーコミックス)

僕等がいた 1 (フラワーコミックス)

  • 作者: 小畑 友紀
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2002/10/26
  • メディア: コミック



この漫画、860万部突破の国民的ヒット作のようです。

当然のこと、そんなに売れてる漫画なんて知ってたわけではありませんが、ただ無料の文字に惹かれて読んでみようかとなったわけです。

続きを読む


タグ:僕等がいた
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

代々『武装戦線』の旗 一覧 [コミック]

高橋ヒロシさんの漫画「クローズ」「WORST」の武装戦線というバイクチームの旗が販売されていたんですね。
初代の旗は売れているらしいとは聞いていたのですが、もしかしてその他の代の旗もあるのではないかと思って調べてみました。

ほとんど限定らしくて売り切れていますね。
そのためか再生産されて販売されているものもありました。
ほとんど早いもの勝ちですね。
記事書いてるうちに在庫0になった商品があるようです。

【初代武装戦線】
ヘッド 鈴木恵三
 
 





【10月発売予約】ダイブ クローズ&WORST 初代 武装戦線 フラッグ




ダイブ 旗(フラッグ) 「クローズ&WORST」 初代 武装戦線初期型FLAG (Hobby Town)
クローズ×Worst(クローズ×ワースト) 初代武装戦線フラッグ(旗) (TOYS&COLLECTIBLES)

続きを読む


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

クローズLADIES [コミック]


HIROSHI TAKAHASHI 20th ANNIVERSARY
スペシャル企画②
トリビュート・コミック第2弾
「クローズLADIES」
月刊少年チャンピオン10月号にて掲載中です。


この漫画は、単行本「クローズ」18巻・第64話「海の見える街へ」に捧げられたもの。
初めて見るのですが、いきなり第64話「逆転の発想!」となってます。

登場人物
【和装戦線】
テル美
木島鍵子(キーコ)
パル子
三島文子
国武リョウコ
お龍テル美の姉妹分
坊屋春華 
ビトーニャ 
【ラビット・イヤー】
八間千代(八千代)
陣内公湖(ココ)


登場人物を見ると思わず笑っちゃいますが、ここは愛嬌。
もう一度「クローズ」18巻を読み直してみたくなりますね。

クローズ 18 (少年チャンピオン・コミックス)

クローズ 18 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 高橋 ヒロシ
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 1995/09
  • メディア: コミック


ただ残念なことにこの話はこの1話のみ。
「この話の続きは10年後に読めるかも・・・。」だって。

続きを読む


nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

リンダリンダ [コミック]


リンダリンダ/僕はここに立っているよ

リンダリンダ~♪

THE BLUE HEARTSが歌ってた
確かデビュー作でしたね

久し振りに聴きましたよ

>> You Tube「リンダリンダ THE BLUE HEARTS」

懐かしい歌ですねぇ
すごくバカ騒ぎして歌ってました

さて・・・
今日のブログのタイトル「リンダリンダ」
じつは歌ではなくて漫画コミックなんです

クローズ外伝リンダリンダ 1 (1) (ヤングチャンピオンコミックス)

漫画クローズで坊屋春道も勝てなかった鈴蘭で無敵を誇った人物
林田恵(リンダマン)の中学時代を描いた作品である

クローズで描かれなかったリンダマンの過去がこの作品で明らかにされることになります

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

『武装戦線』初代の4人の男たち [コミック]

今、月刊少年チャンピオンでは、クローズ/WORSTシリーズでも伝説化されていた
「初代武装戦線」の4人の男の話が始まっていました

新最強伝説異聞録WORST外伝初代武装戦線

武装戦線結成のきっかけは、当時の街の不良たちは16歳になるとどこかのチームに入る慣わしであった
それに反発した鈴木恵三が仲間に新しいチームを作ろうと呼びかけたことから始まる

物語はまだ始まったばかり
これからが面白くなりそうです

鈴木恵三(東中出身)・・・武装戦線初代頭
大島永三・・・(西中?出身、鈴蘭男子高校1年)武装戦線結成から引退までサシの勝負で一度も負けはない
長谷川定政(二中出身、焚八商業1年)
門田陽一(モンタ)(二中出身、焚八商業1年)

>> 『武装戦線』の歴代ヘッドとメンバー
>> クローズの登場人物~映画『クローズZERO』から『クローズ外伝』~
>> 「WORST」の登場人物


’09.9.11 追加・・・長谷川定政、モンタは門田陽一。


拍手する


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

「リセットマン」 栗原正尚 [コミック]


リセットマン 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

リセットマン 1 (1) (ヤングジャンプコミックス)

  • 作者: 栗原 正尚
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: コミック


「怨み屋本舗」作者、栗原正尚さんの作品

この「リセットマン」「怨み屋本舗」とは違い、現代を生きる様々な人たちの生きる希望や目標を失った人生を描き、その現状打開策を提案・お手伝いをしていくといったもの

この漫画を読んでみると、意外と思い当たることが書いてあるかも知れませんね

第三者の視点として見ることで冷静に自分を分析して反省することがないとは限りません

まぁ反省してもその時だけってことも多いのですが、こういうやり方や生き方もあるんだという考え方の参考にいいでしょう

ぜひ一度読んでみたら面白いですよ


続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

「WORST」の登場人物 [コミック]

過去にクローズの登場人物をブログ記事にしてから長い間何もせず今日まできてしまったようです

あれからWORST10巻(1部完了)までは読んでいたのですが、今回久し振りに続きを21巻まで読む機会があって読んでみました

昨年クローズZEROが映画化、少年チャンピオンで連載、そして今年クローズZEROⅡが映画で上映されます
楽しみは尽きないのですが、WORSTについてはところどころ読んでいたこともあり、第2部完了までコミックスが発売されてからと思っていました

今回、レンタルショップで1冊40円!セールがやってたんで11~21巻までですが一気に読んでしまいました


WORST 21 (21) (少年チャンピオン・コミックス)

WORST 21 (21) (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: 高橋 ヒロシ
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2008/10/08
  • メディア: コミック



1~10巻までの登場人物についてはあやふやなところがありますが、ここでWORSTの登場人物をご紹介してみたいと思います
また例によってネタバレを防ぐ意味で時系列に登場人物をご紹介となります

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

「銭ゲバ」 ジョージ秋山 [コミック]

  
「銭ゲバ」 1970年「少年サンデー」で連載されていた漫画
内容はまったく覚えがないのだが、キャラクターは見覚えがあるのですから読んでいたんでしょう

今度1月17日より日本テレビ系列で21:00〜21:54に放送されます
主演は松山ケンイチさん

どうもこういったテレビ公開とか聞くと原作を買って読んでみたくなるものです
「銭ゲバ」この漫画は漫画というより小説と言ってもいいかも知れません
ちょっとショッキングな人間観察というか風刺の作品です
一気に読んでしまいました

初めの書き出しが「銭ゲバ」の主人公、蒲郡風太郎が人を殺し埋め、そこから逃げていくシーンから始まる
「金!金!金!金! いったい金とはなにか? 金はある時にはどんな欲望も満たしてくれる
ある時には人を奴隷にし、またある時は人の心を狂わし滅亡の悪を生む!
銭や!銭のためにやったズラ」

漫画でのストーリーでは淡々とした感じで物語が進んで行きます
主人公の「金がすべて」という主観のみ重要視して描かれているため
だから、その他の登場人物に関しては金持ち=お金と言う感じになってます

最初のストーリは彼が何故金にそれほど執着するのか語られます
数々の悪事を働きそして会社の社長、そして国会議員まで登り詰めようとします
そして最後に本当に彼が理想としたものは何か?真実とは何か?気づき始めていきます
それが判ったとき・・・

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ
前の10件 | - コミック ブログトップ
Tポイントが貯まる!
TSUTAYA online
バンダイチャンネル

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。